美容外科「お金」の話|口コミで選ぶ美容外科 城本クリニック 大阪 京都 姫路

口コミで選ぶ美容外科:美容外科「お金」の話

美容外科って保険が効くの?(保険診療vs.自由診療)

  • 保険診療
    社会保険や国民健康保険などの公的医療保険が適応される診療のこと。被保険者とその扶養家族は、医療費の一部(3割)を自分で負担します。保険診療はどこの医療機関でも同じ料金です。
  • 自由診療
    健康保険が適応されない診療を自由診療(保険適応外診療/自費診療)といいます。医療費の全額が自己負担となります。美容整形・歯列矯正・人間ドッグ・健康診断・予防接種(一部を除く)・保険で認められていない材料を使用した歯科治療・特定承認された医療機関以外で受ける高度先進医療などが、この自由診療になります。
    自由診療の料金は、医療機関が自由に決めることができます。
  • 混合診療
    保険で認められている診療と保険で認められていない診療を併用すること。原則として、保険医療と自由診療の併用は禁止されており、自由診療として扱われます。

美容外科って保険が効くの?(保険診療vs.自由診療)

美容外科のほとんどの診療は自由診療(保険適応外診療/自費診療)となります。
理由は、健康保険は、病気やケガの治療を目的としている場合に適応されますが、美容外科の診療は、健康上影響がない医療行為となるため保険の対象とみなされないからです。
美容外科の診療は「見た目」に対しての医療行為なので、保険の適応外とされています。

保険診療では、どの医療機関で受診しても同じ料金です。
対して、自由診療でかかる医療費は、病院が自由に決めていいことになっており、かかった費用は全て患者さまの自己負担となります。(腋臭症(わきが)など一部の治療に対しては保険適応が認められている診療もありますが、施術法によっては保険適応外になります。)

美容外科では、自由診療になるため、同じ治療内容でも美容外科によって費用設定が異なります。
自由診療のため、医療機関によって価格設定に開きがあることが、かえって美容外科選びを迷う原因のひとつになっています。中には、集客目的で低価格を表示していて、行ってみると実際は違っていたというような例も聞きます。また、不適切な薬剤や医療品を使用することで価格を抑えている美容外科があることも指摘されています。
受診の前に、美容外科の料金設定も比較してみてください。


美容外科の費用は高い?

美容外科の費用は高い?

美容外科は、ほとんどが自由診療になるため、保険適応の診療に比べて治療代が高額になってきます。また、自由診療のため、治療費設定もその医療機関によって異なってきます。
中には、無理な低価格設定で集客を行っている美容外科が存在する実情もあります。また、適切ではない薬剤や機材の使用、医師の技術レベルなどで価格を抑えているとしたら大きな問題です。
治療や手術は、ひとりひとりの患者さまに対して責任を持って丁寧に行うものです。
あまり極端な低価格や割引価格は、その理由を確認してから受診を決めても遅くはありません。


「無料カウンセリング」を上手に利用してみよう!

無料カウンセリングを上手に利用してみよう!

多くの美容外科では、カウンセリングを無料で行っています。美容外科のカウンセリングは、一般の病院でいう初診にあたります。
そこの美容外科で治療や施術を受けても受けなくても、カウンセリングは無料で行っています。
そこで、「無料カウンセリング」を利用して、何か所かの美容外科でカウンセリングを受けてみてから、自分に合う美容外科とドクターを選ぶことをおすすめします。
何度受けても「無料」というのは、美容外科の大きな特典のひとつです。


美容外科のお支払は、いつするの?

ほとんどの美容外科は、施術当日にお支払いをします。施術当日の施術前に、費用全額を支うようになっています。


美容外科の料金には、どこまで含まれているの?

カウンセリング料(※無料カウンセリングの場合)・治療費・手術費・薬剤費・アフターケア費などが含まれている美容外科が多いようです。ただし、美容外科によっては、表示費用の他に別途費用として請求されることもありますので、カウンセリング時にしっかりと確認をしてください。


美容外科でローンは利用できるの?

美容外科でローンは利用できるの?

ほとんどの美容外科では、一般の信販会社と契約しており、ローンの利用が可能です。また、デビットカードや各種クレジットカードも利用でき、使用するカードによってはリボ払いなども可能です。